大殺界。細木数子さんの六星術の中で出てくる言葉です。 その人の運気が下がっている時期を表す言葉として、有名ですね!

人生には、自然界に四季、春夏秋冬があるのと同様に、思いっきり羽を伸ばす時期と、 身を縮めて嵐が過ぎ去るのをじっと辛抱して待つ時期とがあります。 それを知らずいつもイケイケで突っ走っていたり、逆にいつも首をくすめてばかりいた のでは自然の法則に反する事になり、結局は自分自身を自滅させてしまう結果になりかねません。

私たちの身の回りでも多用されている例えば、時刻、干支、一年(月)など十二周期(12進数)ですが、 六星占術も同様に十二周期で運気が巡ってきます。

そのなかでも七年のよい年と

一年の注意しなければならない年 <小殺界>
一年のやや悪い年 <中殺界>
三年の非常に悪い年 <大殺界>

にわかれます。この時期にさしかかった場合は よほどのことがない限り大きな行動は控えたほうが良いようです。


占い人気キーワード