陰陽師。

陰陽師は古代日本の律令制に於いて
陰陽寮に属した官職の1つで、
平安時代が全盛期と言われています。

当時は遷都する場所や時期などは
すべて陰陽師の助言によって決められていた
というくらい重宝された存在だったようです。

現在は、明治以降そういった
オカルト的な行為を一切断絶させられて、
本物の陰陽師と言われる人は存在しないとまで
いわれている、伝説の職業です。

おまじないって知っていますよね?
緊張したときに手のひらに“人”と書いて
飲み込む仕草をすると緊張がほぐれる!
などその類のものです。

漢字で書くと
“お呪い”と書くというからびっくりなのですが、
そもそもこの御呪い(“おまじない”ですからね)
は陰陽道の術の一部と言われています。

御呪い・・・お呪い・・・陰陽師。わかる気がします。


占い人気キーワード