陰陽五行とは、
中国の戦国時代に発生した
陰陽説と五行説とが漢代に結びついて
一体化したとされています。

天地の変異、人間界の吉凶など
万象を説明する言葉となっています。

簡単に説明すると、
風水学など 占いにも応用できる
陰と陽の関係を言っているようです。

『五行説』では、天地万物の姿をとって
五行が現われると考えます。

『五節句』= 季節の変り目に神に供えた食物
『五虫』=各種動物
『五神』=四方位および中央をつかさどる神

など様々なところで使われています。


占い人気キーワード