方角と方位はほぼ同じ意味合いです。

星占いなどは、天文学と密接な関係があり、
その歴史は古代エジプトにまでさかのぼれるほどです。

風水でも方位・方角は大事な目安となり、
占いとは切っても切れない関係といえますね!

通常は、東西南北と4つで区切りますが、
東・西・南・北・北東・南東・北西・南西と
8つで区切る場合もあります。

よく使われる
“八方美人”や“八方塞り”の八方は
ここから来ています。

ちなみに西南西や北北東などと細かく区切っていくと
16分割の方角が出ます。

東洋では、この方角を十二支に当てはめて
考えていましたので、
西洋とは一つずつの間隔の度数が違います。

方角などは、東洋の占いがメインとして
使っていますね。





占い人気キーワード