姓名判断は、人の姓名からその人の性格や人生の趨勢、適職、恋愛の傾向、結婚運・家庭運、かかりやすい病気など、 一般に運勢として総称される事柄について解釈を与える占いの手法の一つとして。

日本人にもなじみが深く占いといえば、 姓名判断と思う人も多いでしょう。主に赤ちゃんなどが生まれるときに、両親や親族が必死になって考える名前が姓名判断でしょう。

一般的には画数などで数字をはじき出し、その数字によってその子の将来が有望であるように願う!といった使われ方が 多く、統計学の元祖のような占いと言えるでしょう。
五運
(以下に示すのはほんの一例であり占い方は占い師によって微妙に変わってきます。)

■天格(祖格)
姓の総画数。霊数は加えない。 祖先運。晩年になるほど、影響力を強める。 天格だけで吉凶は判断しないが、姓と名の格数の関係が、姓名判断においては重要であるとされる。

■人格(主格)
姓の最後と名の第一字を足したもの。 主運。 姓と名双方の画数を用いることから、 姓名の中心、五運の中核を成す。 同一の格数であっても、姓と名からどのような画数が組み合わさっているかによって、その強弱が左右される。 人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与える。

■地格
名の画数の合計。一字名でもその人の性格をあらわす。霊数は加えない。 幼年期の運勢をあらわし、人物の成長過程に強い影響を与えるため、性格・才能・金運・適職、性的傾向に関与する。

■外格
総格から人格を引いた画数。一字姓、一字名の場合はそれぞれ、霊数を用い1を足す。 姓も名も一字の場合は2を足す。 家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。 一字姓、一字名に霊数を加える。

■総格
姓名の総画数。霊数は加えない。 人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年の運勢に大きく影響する。

■霊数
一字姓/一字名の場合に足す数。 =この文を著されたかたにお願い= 霊数の概念を平易に記述してくださいますか(なつパパひろ)

■凶数
凶意を示す数。 ただし、姓名とは強弱の調和が最も重要であり、姓名の一部に凶数を含むことが、一般的に「悪い」と解釈されるべきではない。
以下の数字: 2 4 9 10 12 14 19 20 22 26 28 46 50 54 55 59 60 62 64 66


占い人気キーワード