インド占星術とは、読んで字の如く
インドに伝わる占星術のこと。

と言ってしまえばそこまでなので
もうちょっと詳しくご紹介しましょう。

インド占星術は
インド本国の他、ネパールやチベットなど
周辺の地域でも盛んであり、
また、後に密教の一部として中国に伝えられ、
さらに平安時代には日本にも伝えられて宿曜道となりました。

インド土着の月の位置と二十七宿との位置による占星術と、
ヘレニズム時代にギリシャから伝えられた
西洋占星術(曜日占いなども含む) とを二本柱とする占いです。

古代インド人は、惑星と生活の中で起こる出来事には
密接な関係があると考え、星の正確な位置を知るために
図を作りあげました。これがチャートです。

インド占星術は 年月日、出生地などから
その時の星の位置を調べ誕生チャートというものを作成し、
このチャートが占いの基盤になります。

また、インド占星術ではパワーストーンを持つ事によって、
パワーをUPさせたり、身を守るという考えを持つ傾向があるようです。





占い人気キーワード